ワキガ手術の種類を学ぼう

ワキガ手術はこんなにもある

皮弁法などワキガの外科的手術の特徴、メリットとデメリットをまとめてみました。

 

従来からある皮膚切除法は保険適用されることで10万弱の費用で施術を受けることが出来ます。

 

切開するため、手術跡がのこることは避けれませんが、費用も抑えられ、確実な方法であるといえるでしょう。

 

 

切開に抵抗がある方にも様々な方法が開発されています。

 

保険が適用出来ないですが、価格はその分高額となりますが、施術の体への負担は圧倒的に少なく、すぐに日常生活に戻れるという特徴があります。

 

また小さなお子さんでも可能な施術がありますので、ぜひご参考にされてください。

 

皮膚切除法(保険適用)

特徴

アポクリン腺だけでなく、腋下の毛の生えている部分の皮膚をまとめて取り去る方法です。

メリット

効果はほぼ期待できますし、保険適応可能です

デメリット

皮膚を広範囲に切除して縫合する皮膚切除術は、傷跡の模様が広がりやすく、目立ちやすいことがあります。

 

 

【皮弁法または反転剪除法】(保険適用)

特徴

腋下を切開し、皮膚の裏側のアポクリン腺を確認しながら取り除く方法です。

 

傷口の大きさは3~4cmで最大2本までとなります。

 

メリット

こちらもドクターが目で汗腺を確認しながら手術を行うため、ワキガ改善効果は高いです。
しかも、保険適応可能です。

デメリット

ドクターの技術で効果が左右されやすい事です。

オススメ

アポクリン腺のある部分ごと目視にて除去するには技能を要しますすので、施術実績があり、評価の高いドクターを選ぶことが大切です。

 

ビューホット

 

銀座マイアミ美容外科

 

ビューホットは、細い針をダイレクトに汗腺のある場所に刺し、そこからラジオ波という高周波を照射して、汗腺を除去する方法です。

 

高周波を照射することで、アポクリン汗腺もエクリン汗腺も、電子レンジと同じように熱で焼きます。

 

熱で焼くといっても、焼ける範囲は針先の直径わずか0.5ミリ範囲のみ。

 

治療時は、針を刺す深さを微妙に変化させながら、アポクリン汗腺のある深い部位から、エクリン汗腺のある浅い部位までを満遍なく焼きます。

 

焼く間は、皮膚の表面を冷却装置で冷やしますので、火傷にはなりません。

 

ミラドライ治療(切らない手術)

特徴

マイクロウェーブと呼ばれる電磁波をワキの下に照射し、わきが・多汗症の原因であるアポクリン腺・エクリン腺の昨日を破壊する最新の治療です。

 

ミラドライのポイント
  1. 傷あとが残らない
  2. 身体に負担がない
  3. 半永久的に効果が持続
  4. ダウンタイムが短い

 

 

クワドラカット法(確実な手術)

特徴

この方法は、手術なのですが、切開する部位が非常に小さいため、小学生の子供でも可能な手術です。

 

従来の手術方法の欠点を解決するために、大学病院と共同で開発されたわきが・多汗症の手術方法で、ダブルカニューレという特殊な機器を使い、切開するのはわずか4,5ミリという小さな部位のでみでアポクリン腺を除去するものです。

 

クワドラカットのポイント

(1)傷あとが小さい
(2)再発しない
(3)施術が早い
(4)日常生活に支障なし